その慰謝料問題解決します!

◆慰謝料~交通事故編


交通事故

交通事故の慰謝料というのは、
交通事故によって被った肉体的・精神的な損害に対する金銭による賠償です。
よく誤解されていますが、治療費や通院費などの実費は別で請求できます。

お金がない状況で事故を起こしてしまったら悲惨です。

肉体的・精神的な損害に対する賠償ですので、
金銭に換算することは難しい問題ですが、一定の算定基準が存在します。

交通事故の慰謝料の算定基準には、
自賠責基準、任意保険基準、裁判書基準の3つがあります。

自賠責基準はその名の通り自賠責保険による基準のことで、最も低い金額になります。
任意保険基準は保険会社が独自に定めている基準のことで、
自賠責基準よりも少し高い金額になることが多いようです。
裁判書基準とは、弁護士が代理人として
裁判をした場合に認められるであろう基準のことです。

最も高い金額になるのは裁判所基準ですが、
弁護士に依頼しなければこの金額で請求することは難しいでしょう。
保険会社はできるだけ支払う金額を少なくしたいと考えているので、
保険会社の言いなりにならないようにして、
金額が納得できない場合は弁護士に適正価格であるかを相談してみましょう。

交通事故で後遺障害が残った場合には、
後遺障害慰謝料と逸失利益も請求できます。
後遺障害慰謝料についても、自賠責基準と裁判所基準では大きな差があるので、
なるべく早い段階で弁護士の力を借りるようにしましょう。