その慰謝料問題解決します!

◆慰謝料~不倫、離婚編

シングルマザーの友人の困窮した生活状況をみているので離婚に踏みきれませんが、
実際私も旦那とはほぼ家庭内別居状態です。
そんな日が来るときのために、最近では少額FXを始めたくらいです。

離婚で問題となる慰謝料としては、
DVや不倫などの不法行為があった場合に
一方の配偶者が被った肉体的・精神的な損害に対する賠償です。

離婚をすると必ず慰謝料が請求できると考えている人はいますが、
不法行為によって損害を被っていない場合には慰謝料は発生しません。

例えば「性格の不一致」や「価値観の違い」などによる離婚の場合は、
慰謝料は問題になりません。
我が家の場合は、まさにこれなので慰謝料は発生しないでしょうね。

相手の不倫によって精神的な損害を被った場合には慰謝料を請求することができます。
慰謝料の金額は、「婚姻期間」、「不倫の回数や悪質性」、
「社会的地位や年収」などによって変化しますが、
相場は100万円から500万円程度と言われています。

養育費や財産分与とは別の問題ですので、
誤解をしないようにしておきましょう。
養育費は子供との親子関係を根拠とするものであり、
不法行為の有無や離婚の原因に関係なく請求することができます。
財産分与は夫婦が共同で築いた財産を離婚時に平等に分配するものです。

一般に、キスやデートでも浮気と考えられることがありますが、
民法上の浮気とは不貞行為のことであり、
「継続的な肉体関係」がないと成立しません。

相手が素直に認めればよいですが、争いになった場合には証拠が必要になります。
不貞行為の証拠を入手する場合、探偵に依頼するのが一般的です。